ユウキのビジネス談話

経営者ではありませんが将来なにかしらの形で貢献したいという思いがあってビジネスをテーマにしたブログを始めました。読者登録をはじめよろしくお願いします。

事業成功への道 vol.4 『マネタイズ』を視野に

.entry-content h1 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f5f5f5; border-left: 8px solid #b0e0e6; border-bottom: 2px solid #b0e0e6; }

お疲れ様です。

今回取り上げるのは『マネタイズ』です。

どんなビジネスでも知識が必要になる経営スキル




『マネタイズ』の意味 = 『無料サービスの収益化』
特にインターネット関連のサービスでは、無料で提供できるサービスも多く、『インターネットサービスの収益化』という分脈以外でも『収益化』を差す言葉として使う場合もあるので広い意味でとらえることが大切。


☆インターネットにおけるマネタイズの種類&方法

① 物品販売やバナー広告は古典的方法
SNSや自社サイトでの物品販売やバナー広告は、古典的なマネタイズ方法として知られている。物品販売は自社オリジナルの商品を提供する場合もあれば、企業と提供した既製品のこともある。

バナー広告はその広告が表示された回数で収益を得られる『インブレーション方式』やユーザーがバナー広告をクリックすることで課金される『クリック課金方式』などがある。

アフィリエイトで収益を得る
アフィリエイト』はバナー広告のようなネット広告のひとつ。

バナー広告との違いは、アフィリエイトは利用者が企業広告を通して提供されている商品やサービスなどを購入したときに収益を得ることができる点。

③ 課金モデル導入で利益をあげる
『課金モデル』とは、ユーザーに使用料を払ってもらい利益をあげる方法。

メディアサイトでニュースの一部を無料記事と有料記事に分けて配信しているのは、課金モデルのひとつで無料プランと有料プランを分けた事例。

課金モデルには成功例ともに失敗例も多く
無料と有料コンテンツのバランスが効率よく収益をあげる鍵になる。


④ ECモデルなら手数料で収益を得る
『ECモデル』は物品販売の一手段。ecサイトに商品を提供してもらい、出品時に手数料を得たり、物品が売れる毎に手数料を受けとることで収益を得る。

⑤ 仲介モデルで人と商品をマッチング
『仲介モデル』とはユーザーのニーズに合わせた商品をサイトを通して提供して、その際に仲介料として収益わ得る方法。

ネットオークションや物件紹介サイトなどが『仲介モデル』にはいる。


☆ マネタイズ戦略を成功させるコツ。

① ユーザーニーズの分析

② ユーザーの集客戦略

③ データに合ったマネタイズ方法の選択

たとえば、メディアやブログのマネタイズ戦略では、メディアやブログを閲覧してもらうために人が興味を持てるコンテンツを見つけ出し、次にどのようなマネタイズ手法とテーマが相性がいいのかを判断して活用する。

収益がうまく上がらない場合には、顧客のニーズを分析してニーズにこたえるためにテーマやその内容を修正する。
その際にマネタイズ方法の変更を検討していくことでマネタイズで収益を得られる可能性が広がる。


☆ データマネタイズで戦略的なマネタイズをする
データを活用して戦略的にマネタイズするのが『データマネタイズ』。すでに集められている顧客のデータを分析、時には外部から提供されるデータとを組み合わせて積極的に顧客に製品やサービスを売り込んでいく、