ユウキのビジネス談話

経営者ではありませんが将来なにかしらの形で貢献したいという思いがあってビジネスをテーマにしたブログを始めました。読者登録をはじめよろしくお願いします。

ハローワークの求人情報でわたくしが実際に経験したこと

.entry-content h1 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f5f5f5; border-left: 8px solid #b0e0e6; border-bottom: 2px solid #b0e0e6; }

お疲れ様です。

今回はハローワークの求人に隠されるあるある話を暴露しながら書きたいと思いまして更新しました。

今回は大きく3つ挙げます。

① 求人が更新されてない
実際面接いって気付くことも。それによって条件満たしてないから面接にならないで終わる。

② 積極性が
ハローワークにある求人に応募する場合、ハローワーク職員から面接の段取りを企業の担当者とします。これによって求職者の積極性が問われてしまうこともあります。

③ 危なげ企業求人も
いかにもブラック企業?わたくしが経験したのは札幌市豊平区にあるコールセンターに面接いったときそこの企業雰囲気がめっちゃ暗くてなんかヤバイとこ来たって感じで社員さんもまとも感出てなかったり。そんなことがありました。



そしてわたくしは札幌のハローワークを使っていたんですが同じく就活していた当時で22歳~25歳くらいの女性だと思うんですがハローワークで担当者としゃべっていたと思ったら急にキレて一触即発。そのときハローワークある意味怖いなぁって思いました。かなり精神的に追い込まれちゃう人もいますし。

最後に
ハローワークは就業支援の学校だとかを入ったりするにはすごく助かる場所なんですが求人情報からハローワークを通すときは闇に潜むリスクがあることをお伝えします。