ユウキのビジネス談話

経営者ではありませんが将来なにかしらの形で貢献したいという思いがあってビジネスをテーマにしたブログを始めました。読者登録をはじめよろしくお願いします。

現役年齢世代が上がる社会

.entry-content h1 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f5f5f5; border-left: 8px solid #b0e0e6; border-bottom: 2px solid #b0e0e6; }

目 次

1 引用記事

こちらの記事は2月4日(火)出た

f:id:yuujandacalhelz:20200204115311j:plain

から引用したものです。

70歳就業法案を閣議決定 企業に努力義務

2/4(火) 8:48配信 
409

政府は4日、企業に対し、従業員の70歳までの就業確保に努めるよう求める高年齢者雇用安定法などの改正案を閣議決定した。

少子高齢化が進む中、働く意欲と能力のある高齢者の労働参加を促し、社会保障の支え手拡大を図る。今通常国会で成立すれば2021年4月から施行される。

政府は企業の選択肢として、65歳までで義務化している定年の廃止や延長、雇用継続のほか、起業や社会貢献活動の支援など、自社で雇う以外の対応も容認する。 

f:id:yuujandacalhelz:20200204115140j:plain

2 考えられる課題

働く世代が上がるということはベテランの方が社会で活躍し続けることができるということ。そのため若い世代が社会で活躍すr機会が減るということが言えます。




3 考えられる解決策

やはり幅広い世代
老若男女
どの世代も活躍できる労働環境が大事になります。たとえば65歳を過ぎたら自動的に嘱託に雇用形態を変えるだとか。若い世代に出世のチャンスが生まれるようにしてモチベーションを持ってもらうことがたいせつです。




4 まとめ

定年退職制をなくさないことはいいことかもしれません。

労働と言う場で年齢制限をつけるべきではありませんが若い世代が活躍する場を作らなければ将来を見据えることはできません。やはりベテラン世代から若い世代に伝わって伝統じゃないけどそういうのって大事ですよね。