ユウキのビジネス談話

経営者ではありませんが将来なにかしらの形で貢献したいという思いがあってビジネスをテーマにしたブログを始めました。読者登録をはじめよろしくお願いします。

コロナによる倒産相次ぐ

.entry-content h1 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f5f5f5; border-left: 8px solid #b0e0e6; border-bottom: 2px solid #b0e0e6; }

お疲れ様です。

コロナ破たん50件超え 「新型コロナウイルス」関連倒産状況【4月10日12:00 現在】

f:id:yuujandacalhelz:20200410150011j:plain

最多が北海道の7件

f:id:yuujandacalhelz:20200410150026j:plain

4月10日12:00現在、全国で「新型コロナ」関連の経営破たんが51件に達した。(倒産が26件、準備中は25件)

「新型コロナ」関連の経営破たん第1号は、2月21日までに事業を停止し、破産準備に入った

(株)冨士見荘(TSR企業コード510067255

法人番号:9180301011281

蒲郡市、3月30日破産開始決定)だった。それから2か月足らずで50件に達した。月別では2月2件、3月23件、4月は10日までに26件が発生し(判明日ベース)、4月に入り急増ぶりが目立つ。

都道府県別では、最多が北海道の7件(倒産5件、準備2件)。次いで、東京都6件、兵庫県4件、大阪府・福岡県が各3件など、28都道府県に拡大している。

業種別では、宿泊業12件(倒産7件、準備中5件)、飲食業7件(同3件、同4件)と2業種に集中している。だが、外出自粛の要請が浸透するにつれて、来店客が減少した小売業、食品製造業、アパレル販売など、インバウンド需要と消費者対象の小・零細企業に広がっている。

出版業、卸売業、製造業のほか、イベント自粛だけでなく人が集まることを避けて葬儀の手控えも増えており、葬祭業やケータリングサービス業者でも経営破たんが発生している。

一方、海外からの原材料の仕入れが困難になったケースでは、管材・住宅設備機器卸業やゴム風船メーカーで倒産が発生した。特に、ゴム風船メーカーは海外からの材料仕入が困難になっただけでなく、国内のイベント自粛で売上も急減し、四面楚歌の状態で破産に追い込まれた。

「新型コロナ」の影響は、業種を問わず広がっている。影響が長びくと、経営破たんは経営体質基盤の弱い零細・中小企業だけでなく、中堅企業にも広がることが懸念される。

想像以上に深刻化している新型コロナウィルス。またしても安倍政権は異様なことをしてきましたよね。居酒屋は普通にそのままみたいな。

コロナでかなり圧迫されてますよね。まず海外からの観光客がいないですし。そんな中でもやはりまだ自粛しきれていないように見える東京。ただ海外からのお客様がいないなか打撃は半端ないですよね。

もっと政府は寄り添うべきです。企業から法人税もらっているんですから