ユウキのビジネス談話

経営者ではありませんが将来なにかしらの形で貢献したいという思いがあってビジネスをテーマにしたブログを始めました。読者登録をはじめよろしくお願いします。

【日本の制度】生活保護制度の必要性と課題を考察

.entry-content h1 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f5f5f5; border-left: 8px solid #b0e0e6; border-bottom: 2px solid #b0e0e6; }

お疲れ様です。


6月26日(金)

東京では54人の新規感染者。

心配ですよね。

私のサイトにものせてありますので

是非読んでください

ユウキのお得センター.com


お題「#応援しているチーム
野球もまだ無観客ではありますが始まりました。わたくしは地元 日ハムを応援したいと思います。

f:id:yuujandacalhelz:20200626193041j:plain


生活保護費引き下げ巡る訴訟、原告の請求棄却…名古屋地裁

f:id:yuujandacalhelz:20200625185648j:plain

生活保護費の引き下げは「生存権」を保障した憲法に違反するとして、愛知県内の受給者18人が国と名古屋など3市に減額処分の取り消しや慰謝料を求めた訴訟の判決が25日、名古屋地裁であり、角谷昌毅裁判長は原告の請求をいずれも棄却した。引き下げを巡っては、受給者約1000人が全国の29地裁で提訴しており、判決は初めて。

国は2013年8月から3回に分け、生活保護費のうち生活費に当たる「生活扶助」の基準額を引き下げた。年間の削減額は約670億円で、物価の下落分を反映した「デフレ調整」が約580億円、年齢差や地域差などを是正した「ゆがみ調整」が約90億円。減額率は平均6・5%、最大10%となった。

裁判で原告側は、デフレ調整などが国の社会保障審議会の基準部会で議論されていないことや、下落率が大きくなるように恣意(しい)的な計算方法が用いられたとし、「厚生労働大臣裁量権を逸脱している」と主張。国側は、部会の意見はあくまで参考で、計算も国際基準に基づくものだったと反論していた。

この記事を読む限り受給者は当然の反応を見せていますよね。生活保護制度って日本にとって必要かどうかと聞かれたらまず福祉社会の充実をはかる目的では間違いなく必要です。本来であれば生活困窮者を支えるための制度。

ただ今回は新型コロナウイルスにおける支援のひとつ『生活給付金』10万円でわたくしは実は?がついているのです。

生活保護制度を受けている方って生活保護費で10万?支給されています。それに給付金10万足すと20万。普通に制度を受けていない低所得の方よりもらっていることになります。

もっと行政が管理できれば一番なんですが不正受給だけはあってはならない。やはり申請者の所得管理がどこまでできるか。やはりこれは法整備をしなければダメだと思います。